PM2.5とは

PM2.5と言うキーワードが最近ニュースなどでよく耳にするようになりました。
ではPM2.5とはいったいなんなのでしょうか?

 

PM2.5は大気中にある微粒子のことで、粒子の直径が概ね2.5μm(マイクロメートル)以下のものをPM2.5と呼びます。
1μ(マイクロ)は100万分の1のことで、1μmは1mmの千分の1に値します。
大きさによってはPM10などと呼ばれる微粒子も存在します。

 

今日本で話題になっているPM2.5の影響として呼吸器系に影響をもたらすといわれています。
呼吸をするときに口、鼻、眼、喉などに付着し影響をもたらします。
またPM2.5は非常に小さい粒子なので肺に達することも珍しくありません。
これによって、ぜんそくや気管支炎、発がん性も示唆されていて肺がんなどにかかる恐れがあります。
眼に異常を訴える人も確認されています。
また子供の方が大人より影響が大きいとも言われています。

 

そのために国や地域では空気中のPM2.5の濃度を発表しています。
日本での基準で健康の適切な保護を図るために維持されることが望ましい水準として、
1年平均値 15μg/m3以下 かつ 1日平均値 35μg/m3以下(平成21年9月設定)
と定められています。

 

また濃度ごとに外に出ない方が良いレベルや外での長時間または激しい運動はしない方が好ましいレベルなどと分けられています。
このような基準は自治体ごとでも設定されている場合もありますので調べてみるとよいでしょう。

 

このPM2.5の発生原因として、物を燃やした時、例えば自動車や飛行機、船などのの排気ガスや工場での煙などの人工的に発生するものと、風で舞いあがった土壌粒子などの自然起源のものがあげられます。

 

問題になるほどのPM2.5が発生する原因として、工場からの煙や自動車の排気ガスなど人工的に大量に放出することです。
中国などの一部地域では工場などが集中しているので、このような大気汚染につながると考えられています。

 

中国で汚染された大気が風にのって日本へ上陸することがあり、濃度が上がった時にニュースになりました。
日本でも濃度が高い地域が出てきたので、国や各自治体は対策を講じるよう動いています。
マスクも一般的なマスクではPM2.5はすりぬけてしまうので、PM2.5対策用のマスクを購入する必要があるようです。

 

特に小さいお子さんがいる家庭では影響が大きく出る場合があるのでしっかりと対策をしましょう。
またぜんそくや気管支炎など持っている方は持っていない人より影響があるので、対策をとるようにしてください。
今のところ水道水は問題ないと言われていますが、小さいお子さんなどがいて気になる方はミネラルウォーターや水サーバーなどの宅配水がオススメです。
こういった大気汚染などは身体に問題が出てからでは遅いので、事前対策をしっかり行うようにしましょう。

 

更新履歴