遂に北海道にもPM2.5の警報がでました

PM2.5の警報が初めて北海道に出されました。
今回は注意喚起でしたが、北海道の室蘭市で注意喚起が出されました。

 

室蘭市では、3月27日の午前5時から午前7時までの平均値が1m3あたり107マイクログラムと高くなりました。
国の基準値である一日平均70マイクログラムを超える恐れがあるとして注意喚起を出しています。
室蘭と隣接する登別市でも注意喚起が出されています。

 

室蘭では空気が悪くなっている人を体感している人もたくさんいます。
北海道では初めての注意喚起と言うことで対策をできている方もまだまだ少ないかもしれませんが、いつ警報レベルまで濃度が上がるかはわからないので、特に小さいお子さんや高齢者の方やぜんそく持ちの方などは事前にマスクを購入するなどの対策をおすすめ致します。

 

まさか北海道に注意喚起が来るとは思わなかったという人も多いので、今回のことを機に北海道民の方も対策は万全にしておいた方が良いかもしれませんね。